CADSUPER Lite 2018 Build05
   
  ドローイング 本体関連
    機能改善項目
    1. インストール
      下位バージョン(2017以前)からの32Bit版へのバージョンアップに対応しました。
※64Bit版は以前から動作。
 
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[名前を付けて保存]コマンド
     
PDF保存時に、曲線を表現する線要素の一部で表現が異常になる問題を改修しました。
計測ダイアログを開いたまま、基準点を指定する場合に「確定」すると、計測結果が配置されてしまう問題を改修しました。
・DXF形式保存
ハメアイ公差が消える問題を改修しました。
改行した引き出し線の記述が変わる問題を改修しました。
削除した直径記号が出現する問題を改修しました。
・ED形式保存
寸法線の矢印、丸印、文字の大きさが縮尺の大きさ分サイズが変ってしまう問題を改修しました。
    2. [ファイル]−[プロッタ出力]コマンド
      プロッタ出力で、円弧記号が反転する問題を改修しました。
    3. [ファイル]−[プロッタ出力]−[複数範囲指定]コマンド
      対象の範囲としてA4縦を選択できるようにしました。
    4. [編集]−[図面のコピー]コマンド
      図面のコピーができなかった問題を改修しました。
    5. [寸法]−[バルーン]−[移動]/[整列]コマンド
      配置後に文字位置を調整したバルーンを移動・整列した際、文字位置がバルーン中央に戻ってしまう問題を改修しました。
    6. [文字]−[定型]コマンド
     
図面上に描画されている文字列を参照しようとした際、異縮尺レイヤの文字列を参照出来ない問題を改修しました。
引き出し線の描画時、指定したスタイルではなく、カレント属性で描画される問題を改修しました。
[寸法 - 公差] コマンドでハメアイ記号と公差を追加している寸法に対して、*置換を実行すると公差が消えてしまう問題を改修しました。
    7. [部品]−[機械要素]コマンド:[ねじ−穴パターン]
      タップ、ザグリ、キリを選択した場合、属性名称も同時に変更する設定を追加しました。
    8. [設定]−[コマンド定義]コマンド:キー割り付け
      「レイヤ状態設定コマンド」を「Shift+」のキーに割り付けた場合でも正常動作するように対応しました。
    9. [ヘルプ]−[状況依存ヘルプ]コマンド
      WindowsUpdateの問題改修(windows10:KB4462919)で、状況依存HELPが動作しなくなっていた問題を改修しました。
    10. コンソールパネル
      コンソールパネル上のアイテム上にマウスが停止した時に表示されるHELPチップが、正常に表示されるよう改修しました。
    11. DirectX表示
      DirectX表示機能を利用した場合に、ドラッグの残像が残る場合がある問題を改修しました。
    12. 図面フレーム
      図面が多数開いている場合に、最小化した図面の図面切り替えバー上の表示が乱れる問題を改修しました。
    13. 図面のドラッグ&ドロップ
      ドロップされるファイルが他形式で名称が長かった場合に、正常に読み込めなかった問題を改修しました。
    14. CADSUPER起動
     
CADSUPER起動時、ユーザー定義されたコマンド内に数値がある場合に、内部IDからコマンドアイコンを割り当てるように動作していた問題を改修しました。
ユーザー定義ツールバーの名称が「転」で終わる場合に、文字化けが発生していた問題を改修しました。