CADSUPER Lite 2015 Build06
   
    機能改善項目
    1. Windows10対応
      Windows10 に対応しました。
 
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[開く]コマンド
     
ファイル種類が「全てのファイル」の場合、パラメータファイルの変更が適用されなかった問題を改修しました。
レイヤ数を多く定義している図面テンプレート利用でEasyDrawデータを読み込もうとした際、CADが動作停止してしまう問題を改修しました。
JX変換パラメータを変更することが出来なかった問題を改修しました。
    2. [ファイル]−[検索]コマンド
      検索条件を切り替えた際、詳細検索の利用条件数が更新されなかった問題を改修しました。
    3. [ファイル]−[上書き保存]/[名前を付けて保存]コマンド
     
図面属性入力ダイアログを表示しない状態でも、カレントと異なる縮尺レイヤ上の図面属性文字を取得するように改修しました。
ラバー、ドラッグ、仮表示が解除されない状態で図面保存が出来なかった問題について、図面保存が出来るように対処しました。
    4. [ファイル]−[部分保存]コマンド
      機械要素部品をグルーピング認識できない問題を改修しました。
    5. [ファイル]−[プリンタ出力]コマンド
      配置点指定で範囲選択した場合に「整数値を入力してください」というメッセージが出続ける問題を改修しました。
    6. [作図]−[円弧]−[3要素]コマンド
      円弧ラバー表示時に動作が停止してしまう場合がある問題を改修しました。
    7. [編集]−[複写]−[平行]コマンド(図面間)
     
一部のマルチテキストが原点で認識される問題を改修しました。
半角英記号を含む長い文字列を移動・複写した場合に例外保護エラーが発生する場合があったのを改修しました。
    8. [編集]−[移動]/[複写]−[対称]コマンド
      訂正記号を対称移動/複写した場合、文字が反転する問題を改修しました。
    9. [編集]−[要素属性]−[要素変更]コマンド
     
機械要素部品をグルーピング認識できない問題を改修しました。
「DirectXを利用する」を選択時、要素属性変更の速度が遅くなる問題を改修しました。
    10. [編集]−[変形]コマンド
      寸法線の変形が起こらない範囲を囲んでの変形時に「寸法線の形状が異常になるため処理できません」が発生する場合があった問題を改修しました。
    11. [編集]−[削除]コマンド
      異縮尺レイヤ上の機械要素が削除できない問題を改修しました。
    12. [編集]−[グループ]−[追加]コマンド
      機械要素部品をグルーピング認識できない問題を改修しました。
    13. [寸法]−[面取り]コマンド
      特殊な形状に対して、面取り寸法を作図した際、値が算出されなかった場合に、コンソールパネルで入力できるように改修しました。
    14. [寸法]−[記号]−[幾何]コマンド
      斜線に対して、幾何交差の引出線が垂直に固定されていた問題を自由角度にできるように改修しました。
    15. [設定]−[コマンド定義]コマンド
      ユーザ定義コマンドを連続でツールバーに配置した際、文字アイコン用の名称が前回登録コマンドの名称になってしまう問題を改修しました。
    16. [ツール]−[属性置換]コマンド
      「DirectXを利用する」を選択時、「属性置換」で属性がすぐに反映されない問題を改修しました。
    17. [ツール]−[図面情報ツール]−[取得方法の割り当て]コマンド
      任意サイズに10以上の設定を行うと、情報が上書きされない問題を改修しました。
    18. [ツール]−[表]−[部品表]コマンド
      機械要素部品をグルーピング認識できない問題を改修しました。
    19. [ツール]−[一括変換]コマンド
     
エクスプローラー上からドラッグ&ドロップでファイル追加すると、裏でファイルが開いている動きをしていた問題を改修しました。
CSDファイルをドラッグ&ドロップでファイル追加した際、FXUデータが除外されていた問題を改修しました。
エクスプローラー上からドラッグ&ドロップでファイル追加した際、ファイル名に「構」があると、フォルダパスに「構」までが入ってしまい、変換エラーになる問題を改修しました。
    20. コンソールパネル
      ステップ入力後、「Tab」キーで座標入力ダイアログを閉じるように対応しました。
 
  CADSUPER ユーティリティ関連
    機能改修項目
    1. 図面 コンバータ
     
DXF⇒CSD
  径引出で引いた寸法線の矢印が消えてしまう問題を改修しました。
CSD⇒DXF
  寸法AC形状時に、1行の公差形状が、DXFデータでは一行フィルタを適用したように表示される問題を改修しました。
    2. シェル拡張
     
FX図面をCADSUERに割り当ててもイメージアイコンがCADSUPERのものにならなかった問題を改修しました。
Liteをセットアップしていても、サムネイル表示時に右下にでるアイコンがCADSUPERになる問題を改修しました。