CADSUPER Lite 2014 Build05
   
  ドローイング関連
    機能改善項目
    1. [ファイル]−[図面情報]コマンド
      [図面属性]ページ:TABによる入力欄切り替えに対応しました。
※リストBOX内の選択をする前に「TAB」打鍵が1回必要になります。
 
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[開く]コマンド
     
・ファイルダイアログ内「一覧印刷」機能
  追加した拡張図面属性がファイル一覧印刷時に出力されなかった問題を改修しました。
・「開く」動作
  「ライブラリ」-「マイドキュメント」直下に置いた図面ファイルが開かない問題を改修しました。
    2. [ファイル]−[名前をつけて保存]コマンド
     
PDF形式保存において一部設定を反映されない問題を改修しました。
Ver.9以降の機械要素部品を配置し、JX形式に保存。JXで読み込むと部品が編集できない問題を改修しました。
    3. [ファイル]−[図面情報]コマンド:[図面属性]ページ
     
図面名称、図番、作成者、備考1〜5の置換文字を持つ図面情報について、「 」半角スペースを入力することで表示を見た目見えない状態に出来なくなっていた問題を改修しました。
図面取り込み時の対象認識要素の設定が正しくなかった問題を改修しました。
    4. [表示]−[抜き]コマンド:(認識キャッシュ利用中)
      認識キャッシュ状態で要素を抜いた直後、抜かれた要素が重複要素として判定される場合がある問題を改修しました。
    5. [作図]−[線分]−[中線]コマンド
      選択2線分の向きによって中線が正しく作図できない問題を改修しました。
    6. [作図]−[円弧]−[3要素]コマンド他
      最小許容桁が小さな値の場合、円弧演算で例外が出る場合があるのを改修しました。
    7. [編集]−[元に戻す]コマンド
      再描画を行った後「元に戻す」/「やり直し」を行うと、対象要素が認識できない場合がある問題を改修しました。
    8. [編集]−[複写]/[移動]−[回転]コマンド
      端数角度を持つ要素を極方向に回転した場合、誤差が発生する場合がある問題を改修しました。
    9. [編集]−[複写]−[平行]コマンド
      異縮尺のレイヤのある図面で平行複写を行った時、2回目に「異縮尺レイヤのため入力できません」と警告が出る場合がある問題を改修しました。
    10. [編集]−[移動]−[平回転]コマンド
      要素選択で回転角度を指定した場合、距離・角度計算が正しくない場合がある問題を改修しました。
    11. [編集]−[移動]−[拡縮]コマンド
      累進寸法線を移動−拡縮したときに、寸法文字位置がずれる場合がある問題を改修しました。
    12. [編集]−[図面のコピー]コマンド
      図面コピーでエクセルに配置したFX2図面が、荒い表示になる問題を軽減しました。
    13. [寸法]−[角度]−[単独]コマンド
      対象線分長が短い場合に、正しい角度寸法形状が生成できなかった問題を改修しました。
    14. [寸法]−[伸縮]コマンド
      長さ寸法の寸法文字位置反転チェックが、寸法形状の誤差により反転対象となってしまう場合があったのを抑制しました。
    15. [寸法]−[移動]/[文字]−[移動]コマンド
      移動先として認識対象ではない文字要素を認識しないように改修しました。
    16. [文字]−[拡縮]−[個別]コマンド
      文字の拡縮が出来ない不具合を改修しました。
    17. [部品]−[機械要素]コマンド
      ねじ−タップ穴:「下穴深さ自由」モードの際、長さ指定時に確定すると、下穴深さが指定の値になっていなかった問題を修正しました。
    18. [設定]−[スタイル設定]コマンド
     
スタイルセットを切り替えた場合、開いているすべての図面が更新状態になる問題を改修しました。
スタイルを「自動」かつ「一次利用」に設定しても、スタイルが増える場合がある問題を改修しました。
    19. [設定]−[座標]−[領域長]コマンド
      領域長変更コマンドで保護例外になる場合がある問題を改修しました。
    20. [設定]−[コマンド定義]コマンド
      ユーザコマンド配置時、自作のアイコンを設定できなかった問題を改修しました。
    21. [ツール]−[詳細図]コマンド
      レイヤ状態によって詳細図コマンド起動時にエラーが発生する問題を改修しました。
    22. 「近傍端点接続」機能
      接続短点を検出する際に、正常な要素認識ができていなかった問題を改修しました。
    23. 「認識マスク設定」機能
      共通属性と異なる属性を持つ2枚の図面の一方でマスク設定を行い、アクティブ図面を切り替えると、共通部分が正しく設定されない問題を改修しました。
    24. 「コンソールパネル」機能:座標入力
      レイヤ間移動/複写機能を実行中、座標入力で基準点を正しく指定できなかった問題を改修しました。
    25. 「コマンドマクロ」機能
      コマンドマクロを選択し、スタイルを切り替えた後に既存のコマンドに戻ると、属性が切り替える前のものに戻る現象を改修しました。
    26. 「図面ファイル選択」機能:(エクスプローラからの起動など)
      排他ドライブ上の上位バージョンデータなどの開けない図面を開こうとした時、排他制御がかかってしまう問題を改修しました。
    27. 「外部起動」機能
      DDEを通して、外部からドローイング機能がコントロールできなかった問題を改修しました。
 
  ユーティリティ関連
    機能改修項目
    1. シェル拡張
     
・排他制御のかかったファイルをファイルエクスプローラで確認しようとしたときに、図面名称などの情報が見えない問題を改修しました。
    2. 設定情報ユーティリティ
     
・リストア
  ・バックアップ環境をリストアした際、DXF/DWGファイル変換用のデフォルトパラメータが復元されない問題を改修しました。
    3. 出力ユーティリティ
     
・図面上に配置した「表」が、出力ユーティリティで出力した場合に、本体で出力したものと位置が異なる問題を改修しました。