CADSUPER FXU Ver.8.01
   
  FXU本体関連
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[名前をつけて保存]コマンド
      FXD形式に出力した際にFXUが異常終了する場合があるのを改修しました。
    2. [ファイル]−[部分保存]コマンド
      マルチテキストを含む範囲を部分保存すると、FXUが異常終了する場合があるのを改修しました。
    3. [編集]−[複写]−[平行]/[平回転]コマンド(図面間複写)
      レイヤセットコンボボックスが「用紙所属レイヤのみ表示」の設定の場合、図面間複写で用紙のみに所属するレイヤの要素が複写されたときに「用紙」が出現しない現象を改修しました。
    4. [寸法]−[バルーン]−[配置]コマンド
      引出し線を配置しない設定の状態でも、始点を指定するオペレーションが発生していた問題を改修しました。
    5. [寸法]−[桁数]コマンド
      桁数が減る場合も、実際の寸法値を元に変更するように改修しました。
    6. [寸法]−[一括変更]コマンド
      バルーンを変更すると、引出し線がおかしくなる問題を改修しました。
    7. [文字]−[修正]−[連続]コマンド
     
複写元の文字がハイライトされる現象を改修しました。
文字以外の要素がハイライトされる現象を改修しました。
    8. [文字]−[移動]コマンド
      前後文字のある寸法文字を移動する際、文字基準位置が中央になるよう改修しました。
    9. [部品]−[形状編集]コマンド
      挿入されたシルエット付き連動部品を形状編集すると、保護例外のエラーメッセージが出る場合があるのを改修しました。
    10. [計測]−[周長]/[面積]/[体積]コマンド
      寸法作図中に、ループを選択する計測を行った時、ループ内を指定してもループが検出できなかった問題を改修しました。
    11. [設定]−[レイヤ状態設定]コマンド
      「レイヤセット操作時、レイヤも同調」設定がONの状態で、先頭レイヤを含んだレイヤセットを削除しようとした場合、削除動作を選択出来るようにしました。
    12. [ツール]−[表]−[読込み]コマンド
      CSVデータを読込んだ場合に、FXUが動作しなくなる場合があるのを改修しました。
 
  FXUユーティリティ関連
    機能改善項目
    1. FXUコンバータ
     
AutoCAD2013データに対応しました。
 
    機能改修項目
    1. FXUコンバータ
     
[FX2→DWG/DXF]
矢印が単純要素にならない、問題を改修しました。
文字サイズが変わったり、寸法公差が消える場合があるのを改修しました。
[DWG/DXF→FX2]
マルチテキストが想定通りに変換できない問題を改修しました。
    2. ビジュアルパラメータ
     
DXFファイルを読み込み、パラメータを読み込んで最大化すると表示が異常になる現象を改修しました。