CADSUPER FXU Ver.7.01
   
  FXU本体関連
    機能改善項目
    1. [ファイル]−[システムローカル設定]コマンド
      デフォルトで[上書き禁止」状態で図面を開く設定を設けました。この場合、ドラッグ&ドロップなど外部から直接開いた場合は、上書き禁止で開かれます。
ファイルダイアログで開く際に明示的に「上書き禁止」をはずして読むことが出来ます。
    2. [表示]−[レイヤ]コマンド
     
印影を貼り付け、保護した図面のレイヤ状態が変更できるよう対応しました。
「カレントレイヤセット以外・・・」「カレントレイヤ以外・・」コマンド実行時の表示ちらつきを軽減しました。
    3. [寸法]−[バルーン]コマンド
      バルーンダイアログからマウスカーソルが外れた場合、自動的にFXU本体をアクティブウィンドウとするようにしました。
    4. [設定]−[スタイル設定](FXU図面内スタイル)
      図面内(FXU)スタイルの名称変更に対応しました。
※システムスタイルは、名称変更できません。
    5. [設定]−[ユーザプロパティ設定]コマンド
     
[ファイル]: 図面保存時、基準点入力を行わない設定を設置しました。
[ファイル]: 最新形式で保存しなかった場合に警告表示を出す/出さないを切替る設定を設けました。
    6. FX図面読込み(パラメータ変換)
      FX-FX2パラメータ変換で、レイヤセットを利用しない変換設定ができるようになりました。
 
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[検索]コマンド(XPマシンの場合)
      「WindowsSearch」を利用した場合に、ネットワーク上のデータが検出できなかった現象を改修しました。
    2. [ファイル]−[バックアップ一覧]コマンド
      ドライブルートに置いたファイルのバックアップ一覧が表示されない現象を改修しました。
    3. [表示]−[要素別色表示]コマンド
      コマンド実行すると、全て単一要素に設定した色で全て表示されてしまう現象を改修しました。
    4. [作図]−[線]−[線分]コマンド
      コマンド起動直後、終点指定で距離のみを入力した場合に、線分が作成されない現象を改修しました。
    5. [作図]−[線]−[集合要素の接線]コマンド
      コマンドアイコンがNurbs曲線作図と同じになっていたので、別イメージにしました。
    6. [編集]−[伸縮]コマンド
      伸縮先として交差する曲線を選択した場合、コマンドモードに従った動作が行われない現象を改修しました。
    7. [編集]−[移動]/[複写]−[レイヤ間]コマンド
      複数図面を開いている状態で、レイヤ間移動(複写)コマンド起動後、レイヤセット、レイヤが切り替わらなかった現象を改修しました。
    8. [寸法]−[長さ]−[累進]コマンド
      正しく折れ逃げが生成できない場合があるのを改修しましました。
    9. [寸法]−[角度]コマンド
      角度寸法作図対象の線分が引き出し長より短かった場合、引上げ長が正しく反映されない現象を改修しました。
    10. [寸法]−[引出し]−[コメント]コマンド
      作図中に割込みコマンドを動作させても、ラバーの角度補正状態がキャンセルされないように改修しました。
    11. [寸法]−[細部]コマンド
      コマンドモード3が[任意]のとき、文字下線の方向を示すラバーを極方向に限定しました。
    12. [寸法]−[寸法値]コマンド
      円の中心から引かれる半径寸法の寸法値を変更した場合、中心より遠くまで寸法線が延びてしまう現象を改修しました。
    13. [寸法]−[一括変更]コマンド
      FX図面上にある一部の半径寸法が、一括変更で変更されない現象を改修しました。
    14. [文字]−[一括移動・複写]コマンド
      前置・後置を含む寸法を移動した際、文字が分割されてしまっている現象を改修しました。
    15. [設定]−[属性]コマンド
      図面挿入や図面間コピー等を行った際に不足分の属性(線幅、色など)が追加される場合、属性のリストが崩れる場合があったのを改修しました。
    16. [設定]−[スタイル設定]コマンド
      特定条件のスタイルへの切替後に、文字等実線に限定する表示が正常動作しなかった現象を改修しました。
    17. [設定]−[ユーザプロパティ設定]コマンド
      編集:「ハイライト要素のみを操作対象とする」をONにしてもハイライト以外の要素が認識される現象を改修しました。
    18. [ツール]−[プロコマンド]コマンド
      点座標(任意):優先方向軸に設定した側の座標が一致している2点について、正常にソートできなかった現象を改修しました。
    19. FX図面読込み
      抜き文字が設定されている寸法の入ったFX図面を読込んだ場合に、抜きが部分的に解除される問題を改修しました。
    20. FX図面読込み(パラメータ変換)
      FXで作成されたユーザ線端の入った縮尺付き図面を読込んだ場合、ユーザ線端を正しいサイズで表示するように改修しました。
    21. 文字のボックス表示機能
      寸法公差が、ある一定の表示倍率の場合に重なって表示される現象を改修しました。
 
  FXUユーティリティ関連
    機能改善項目
    1. 設定情報ユーティリティ
      認識設定で記憶した認識設定をバックアップ/リストアできるようになりました。