CADSUPER FXU Ver.6.12
   
  FXU本体関連
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[上書き保存]コマンド
      上書き禁止ファイルを別名で保存したときに、上書き保存禁止状態が継続していた現象を改修しました。
    2. [ファイル]−[プリンタ出力]/[プロッタ出力]コマンド
      マップ設定編集ダイアログでは、定義名を変更して「OK」することで名称変更は可能になるので、[別名で保存]ボタンを削除しました。
    3. [表示]−[レイヤ]−[全レイヤ分割]/[カレントレイヤセット分割]コマンド
     
「書込」レイヤが無い状態でコマンドを終了しないように抑制しました。
「ESC」打鍵で分割表示が終了しなかった現象を改修しました。
    4. [作図]−[線]−[平行線]コマンド
      「連続」で平行線作図途中に「追い寸」に切替えた場合に、そのまま継続して作図ができなかった現象を改修しました。
    5. [作図]−[矩形]コマンド
      特定長さで丸矩形を作図できなかった現象を改修しました。
    6. [編集]−[トリム]−[端点接続]コマンド
      接続端点位置判定がおかしい場合があったのを改修しました。
    7. [編集]−[複写]−[回転]コマンド
      コンソールパネルがフローティング&位置検出状態の場合、回数入力有りで角度入力後、コンソールパネルの位置が移動する場合があったのを改修しました。
    8. [編集]−[移動]−[平行]コマンド
      基準点指定後、[Enter]でコンソールパネルを開いた直後にカーソルキーを打鍵した場合、コンソール入力エリア内をカーソル移動するように改修しました。
    9. [編集]−[移動]/[複写]−[対称]コマンド
      角度のある文字列の対称複写/移動時に、文字の上下が反転していた現象を改修しました。
    10. [寸法]−[一括変更]コマンド
      鋭角の角度寸法で、はさみ線上に寸法値がある寸法線を一括変更した場合に、異常な形状になる問題を改修しました。
    11. [文字]−[記入]コマンド
      文字入力時FEPをONにすると、コンソールパネルを閉じてもFEPがONのままになっていた現象を改修しました。
    12. [文字]−[移動]コマンド
      文字の複数ある寸法記号について、文字認識/移動がおかしかったのを改修しました。
    13. [文字]−[文字属性]/[拡縮]コマンド
      データム文字サイズの変更ができなかった現象を改修しました。
    14. [計測]−[距離]コマンド
      要素属性変更中に距離計測を行うと、確認メッセージが表示される現象を改修しました。
    15. [設定]−[ユーザプロパティ設定]
     
[マウス] 作業途中に特殊ポイントモードの設定を変更しても、以降の動作が異常にならないように改修しました。
    16. 認識キャッシュ
     
表示領域外の要素を移動コマンドで表示範囲に移動した場合、認識できなかった現象を改修しました。
図面内複写した要素が、サブウインドウで認識できなかった現象を改修しました。
    17. [操作パネル1]
     
[表示] 「スタイル」パネルを非表示にしていた場合、初回図面を開くと操作パネル1の表示が化ける現象を改修しました。
[レイヤパネル] レイヤセット開閉初期状態を「閉じる」としていても、図面を開くと開いた状態で表示される現象を改修しました。
[表示状態と出力状態を連動][用紙レイヤセットのリストから、複数所属レイヤを除く]の設定が行われている場合、レイヤ状態を「休眠」へ変更 or「休眠」から変更すると、リストの最上位に表示が移動していた現象を改修しました。
    18. [コマンドモード]/[ジェスチャ]−[コマンドモード]
      寸法作図時、作図できない寸法形状のモードに切替えると、メッセージが数回表示される現象を改修しました。