CADSUPER FXU Ver.6.10
   
  FXU本体関連
    機能強化項目
    1. [ファイル]−[新規作成]コマンド
      新規図面作成時の縮尺を規定値から選択出来る機能を設置しました。
    2. [編集]−[図面のコピー]コマンド
      コマンドの実行時、カラー、モノクロコピーを指定できるようにしました。
    3. [編集]−[要素属性]−[要素変更]/[文字]−[文字属性]コマンド
      「ダイアログ」で利用する場合、属性設定ダイアログにカレント属性、指定要素の属性を反映できるボタンを設置しました。
    4. [ツール]−[表]コマンド
      [表要素]として利用できる機能を搭載しました。
今回の機能追加では、下記の機能を搭載しています。
[挿入] 新規に「表要素」を配置します。
[編集] 「表要素」の内容を編集します。
[取込み] 既存の線分、文字で構成される表情報を指定して「表要素」に変換します。
[読込み] CSV形式の内容を「表要素」として配置します。
[書出し] 「表要素」の内容をCSV形式に出力します。
[スタイル設定] 「表要素」の基本形状を設定します。
    5. [ウインドウ]−[全ウインドウ元に戻す]コマンド
      最大化、アイコン化された全ウインドウに対して、元のウインドウ状態に戻す機能を設置しました。
    6. FXライクユーザプロパティの追加
      FXライクでの利用に似せた「FXライク」ユーザプロパティを追加しました。
※バージョンアップの場合、で「FXライク」ユーザプロパティを利用するには、手動でプロパティ場所の追加作業が必要となります。
    7. マルチテキスト機能
     
下位バージョン(Ver.4以前、FX,JX,SX、EasyDraw)に出力する場合、文字要素に展開するようにしました。
プロッタ出力時、白抜き文字(文字形状の外形)を出力するようにしました。
    8. 出力形式の固定化
      下位バージョン(Ver.4以前、FX、JX、SX、EasyDraw)及び、DXF,DWGへのデフォルト出力に対応しました。
    9. 置換文字列の追加
      拡張子なしのファイル名(%f%)及び、印刷日時(%PDT%)を追加しました。
    10. 検索ダイアログ
      検索結果の表示として、サムネイル表示に対応しました。
 
    機能改善項目
    1. [寸法]−[伸縮]/[移動]コマンド
      引出し寸法線の編集を改善しました。
    2. [寸法]−[統合編集]コマンド
      引出し寸法線、記号の編集を行えるようにしました。
    3. [設定]−[レイヤ状態設定]コマンド
      [レイヤも同調]の利用状態でレイヤセットを操作した場合、レイヤ内に要素がなくても[レイヤを削除する/しない]を判定する設定を設けました。
    4. [設定]−[ユ−ザプロパティ設定]コマンド
     
[表示] レイヤ/レイヤセット分割表示時のウインドウ選択方法として、[Shift]/[Ctrl]を利用した選択方法を選択できるようにしました。
[編集] 削除:集合要素を選択時に、階層を辿らないで実行する設定を追加しました。
  要素変更:集合要素を選択時に階層をたどる向きの指定と、辿らないで実行する設定を追加しました。
[寸法] 幾何公差作図時、丸付きとして利用する文字の選択をできるようにしました。
    5. ファイルダイアログの改善
     
フォルダーリンクボタンを追加しました。
ツリーの展開表示速度を改善しました。
    6. サーチループ改善
      閉ループサーチ時に、分岐位置から離れた位置で曲線を選択しても、分岐させることができるようになりました。
    7. 軸吸着の使用設定
     
軸吸着の制御モードを追加しました。
Ctrlキーでの軸吸着のON/OFF切り替えを、ラバー/ドラッグ表示中のみにしました。
    8. スタイル設定
      スタイルを新規追加時、カレントのスタイル以外は色以外の設定をカレントにし、別スタイル利用時に問題が出ないようにしました。
    9. カスタムコマンド
      コマンドの特性以外の設定は、ユーザープロパティ設定の”Cモード”の設定が有効になるようにしました。
 
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[ユーザプロパティ選択]コマンド
      ユーザプロパティ選択から行うユーザプロパティ設定で、初期スタイルが設定できるように改修しました。
    2. [ファイル]−[上書き保存]コマンド
      排他制御の種類で、共有違反にならない場合があったのを改修しました。
    3. [ファイル]−[プリンタ出力]コマンド
      レイヤ状態連動を利用していない図面を印刷する場合、「レイヤ状態設定連動」の設定を内部的にOFF状態にするよう改修しました。
    4. [作図]−[線]−[平行線]コマンド
      端点指定「あり」の場合、垂直線の方向(90°/270°)にかかわらず、「正値を上方向」として作図するように改修しました。
    5. [編集]−[伸縮]コマンド
      伸縮要素指定後、正しくバック処理ができていなかった場合があるのを改修しました。
    6. [編集]−[トリム]−[自動]コマンド
      線分を曲線でトリムした時、例外エラーが発生する場合があるのを改修しました。
    7. [編集]−[移動]−[平行]コマンド
      要素確定後、基準点を選択する前にアクティブレイヤを変えると、垂直線が表示される現象を改修しました。
    8. [編集]−[移動]/[複写]−[回転]/[平回転]/[対称]コマンド
      集合要素下の寸法線・記号に対して行うと、表示位置がおかしくなる不具合を改修しました。
    9. [編集]−[複写]−[平行]コマンド
     
特定条件のユーザプロパティ利用時、「基準点指定なし」の「距離入力」で複写しようとすると、複写されない現象を改修しました。
「ハイライト要素のみを操作対象とする」設定を利用していた場合に、「同レイヤ」モードで複写しても「現レイヤ」動作になる現象を改修しました。
    10. [編集]−[要素属性]−[ハッチング形状]コマンド
      基準点指定の場合に、端点・交点が取れない現象を改修しました。
    11. [編集]−[グループ]−[追加]コマンド
      異なるレイヤに配置されている要素同士をグループ化した際、元要素のレイヤに統一されてしまう問題を改修しました。
    12. [編集]−[図面のコピー]コマンド
      縮尺のある図面からの図面コピーで、他アプリへの配置サイズが大きくなってしまう現象を改修しました。
    13. [寸法]−[角度]−[単独]コマンド
      縮尺のある図面上での角度寸法作図で、寸法補助線が対象線に重なってしまう現象を改修しました。
    14. [寸法]−[記号]−[面の肌]コマンド
      コマンドを実行中に異なる縮尺のレイヤに変えると、作図サイズがおかしくなる不具合を改修しました。
    15. [寸法]−[公差]コマンド
      マルチディスプレイ使用時、FXUをサブモニタ側で使うと設定ダイアログの表示位置がおかしくなる問題を改修しました。
    16. [寸法]−[一括変更]コマンド
     
3段以上の連段角度寸法線を一括変更した場合に、動作がおかしくなる現象を改修しました。
寸法-要素のコマンドモード[円弧寸法]が「半径」の場合、円弧長寸法線が半径寸法に変わってしまう現象を改修しました。
2線分に対して延長上交点から対角に角度寸法線を作図した場合、180度を加算した角度寸法に変更されてしまう現象を改修しました。
    17. [文字]−[修正]−[個別]コマンド
      コンソールパネルの文字列入力で、再変換(キーで)できるように改修しました。
    18. [文字]−[移動]/[複写]コマンド
     
寸法編集直後に[文字]−[移動]/[複写]を実行しようとすると、寸法文字が認識しない現象を改修しました。
コマンド起動直後、ダブルクリック/[確定]を行っても、コマンドが終了しないように改修しました。
置換文字の移動ドラッグ時に、置換後の文字矩形でドラッグするように改修しました。
マウス入力タイプ2で、文字を移動しようとした場合、移動先として点を指定してもずれた位置に移動する現象を改修しました。
    19. [文字]−[整列]コマンド
      [センター]で整列を行うと、「範囲指定が狭すぎる」とエラーになる場合があるのを改修しました。
    20. [設定]−[レイヤ状態設定]コマンド
      レイヤ削除を実行すると、表示要素が変わる場合があるのを改修しました。
    21. [設定]−[カスタムコマンド登録]コマンド
      定義済みカスタムコマンドを配置後、コマンドモードを変更して、登録設定を変更できるようにしました。
    22. ファイルブラウザ
      コントロールパネル−マウスのポインタオプションで、”ポインタを自動的に既定のボタン上に移動する”を利用した場合に、保存ボタン上にマウスが移動しない現象を改修しました。
    23. コンソールパネル
      座標入力後、TABキーで、データ入力画面に切り替わるように改修しました。
    24. 認識設定ダイアログ
      認識コマンドで「集合要素の子要素認識」を設定し記憶させた場合、記憶を再現しても子要素認識が出来なかった現象を改修しました。
    25. 認識設定パネル
      認識パネル上で設定を変更した後、キーボードからEnter入力が聞かなかった現象を改修しました。
    26. スタイル設定
      特定ユーザ環境で作成したスタイルを私用すると、文字コマンド選択時に、実線が選択できないなる現象を改修しました。
    27. マウスジェスチャー
      ジェスチャ機能でレイヤ切替えを行った場合、アクティブ切替が完全に完了していなかった現象を改修しました。
    28. FX図面データ読込み
      異常なデータ(範囲情報のない塗り潰し)が存在するFXデータが、FX2で正常に読めるように改修しました。
    29. 円弧長寸法値の変更
      基準レイヤ(先頭レイヤ)と異なる縮尺上の円弧長寸法線の寸法値を加工した際に、付属する円弧記号が正しくなるように改修しました。
    30. 置換文字の表示/認識
      置換文字の画面上表示/認識を正しくしました。
    31. アイコンイメージ
      グリッド表示ONの場合、アイコンイメージが塗り潰されてしまう現象を改修しました。
 
  FXUユーティリティ関連
    機能改修項目
    1. 設定情報ユーティリティ
     
FX環境を移行する際、ラスター関連コマンドをツーバー等に割り当てていた場合、移行できない不具合を改修しました。
システムローカル設定−全般の「コンソールパネルの内容をユーザプロパティ毎に記憶」の設定がOFFだった場合に、マイツールの内容がリストアできなかった現象を改修しました。
AllUSersにリストアする際、「共通アイコン・・」のチェックをはずすと、「AllUsers」フォルダ以外へのリストアを行わないように改修しました。
    2. 出力ユーティリティ
     
プレビュー時、小さい文字のサイズが化ける現象を改修しました。
異常な情報を持つ図面を渡しても、出力ユーティリティが終了しないように対策しました。
ファイル読込み時間がかかり過ぎる現象を改善しました。