CADSUPER FXU Ver.6.01
   
  FXU本体関連
    機能改善項目
    1. [編集]−[トリム]−[自動]コマンド
      要素検出方法を改善し、処理の高速化を図りました。
    2. [文字]−[定型]コマンド
      [引出し]で、文字レイヤに書き込む設定を追加しました。
    3. [計測]−[体積]コマンド
      比重のデフォルト値を用意しました。
※V6.0からのバージョンアップ時には、情報ファイルが更新されないため、デフォルト値は追加されません。
    4. [座標表示]機能
      右下にある座標表示エリアを右クリックすることで、[相対原点からの座標]/[前回指定点からの座標(黒枠で囲まれる)]が切り替わるようになりました。
 
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[上書き保存]コマンド
     
部品図面を上書き保存時、不要な図面属性入力が起動しないように抑制しました。
SX/JX部品を保存する場合、図面ではなくFXU部品として保存するように対応しました。
SX/JX部品をFXU部品に保存する場合、部品イメージをフィット状態にするよう対応しました。
    2. [作図]−[矩形]コマンド
     
丸め/面取り距離が0の場合も作図できるよう対応しました。
[X(Y)軸中心]で[傾きあり]の場合、丸め/面取り距離入力時の仮表示がおかしかったのを修正しました。
    3. [編集]−[複写]/[移動]−[対称]コマンド
      溶接記号を対称移動/複写した場合に、添え字も正しく表示されるように位置補正を行いました。
    4. [編集]−[図面コピー]コマンド
     
線幅表示ありの図面をWORDなどにOLE2張り付けした際、線端の矢印が線幅に連動していなかった現象を改修しました。
FX2の表示状態を実寸表示状態([表示]-[実寸]コマンドを利用)とした状態で、図面コピーを実行すると、貼り付けたWORD側で、実寸状態で添付できるようになりました(100%サイズ)。
    5. [寸法]−[長さ]−[直列]コマンド
      コマンドモード6の表示を「連続作図」に改修しました。
    6. [寸法]−[記号]−[仕上げ]コマンド
      仕上げ記号作図後、文字のフォントが切り替わる現象を改修しました。
    7. [寸法]コマンド
      寸法文字サイズの異なる複数図面間で寸法編集作業を行っていると、寸法文字サイズが異常になる場合があるのを改修しました。
    8. [文字]−[定型]コマンド
      [引出し]で、配置文字に「ー」が入っていた場合、文字位置がおかしくなる現象を改修しました。
    9. [文字]−[移動]コマンド
      寸法引出し線付属の文字が移動できない現象を改修しました。
    10. [計測]−[距離]コマンド
      距離計測後、以前のカレントレイヤ状態に戻すように改修しました。
    11. [ツール]−[一括変換]コマンド
     
一括変換ダイアログで出力先パラメータの表示で、ファイル名のみの表示にするようにしました。
SX/JX部品をFXU部品に保存する場合、ファイル名を部品属性として登録するように対応しました。
SX/JX部品をFXU部品に保存する場合、部品イメージをフィット状態にするよう対応しました。
    12. サーチループ(閉ループ内指定)
      指定点がループ外にある状態で認識完了してしまう現象を改修しました。
    13. [認識マスク設定]コマンド
      認識マスク設定起動後、マルチテキストが認識できなくなる現象を改修しました。
マルチテキストの認識は[文字]と同期します。
    14. 作図イメージ
      アイコン化ウインドウのプレビューや図面選択イメージが、異常な表示になる現象を改修しました。
    15. HELP修正
      正常に表示されていないページを修正しました。
 
  FXUユーティリティ関連
    機能改修項目
    1. FXUコンバータ
      不正な文字情報のあるDXFデータを、問題を起こらないような状態でFXUデータ化するように対応しました。
    2. 出力ユーティリティ
      微小な文字列が大きく出力される障害を改修しました。