CADSUPER FXU Ver.4.11
   
  FXU本体関連
    機能改修項目
    1. [ファイル]−[挿入]−[図面]コマンド
      FX図面を挿入しようとした場合、パラメータ設定が有効にならなかった問題を改修しました。
    2. [表示]−[レイヤ]−[指定要素レイヤの休眠化]コマンド
      Nurbs曲線指定時、正常に休眠化されるように改修しました。
    3. [作図]−[線]−[平行線]コマンド
      コマンドモード4が「基準要素」の場合、基準要素と同じレイヤに作図するようにしました。
※基準要素が「書込」レイヤにある場合に限ります。
    4. [作図]−[矩形]コマンド
      コマンドモード2を切替えても、直後に作図動作が切り替わらない現象を改修しました。
    5. [編集]−[複写]−[平回転]コマンド
      一旦複写を行った後、基準点指定まで戻っていたものを、配置点指定に戻る様に改修しました。
    6. [編集]−[要素属性]−[ハッチング形状]コマンド
      ハッチング周要素を連続で別ハッチングに行おうとすると、周要素が検出できなくなっていた現象を改修しました。
    7. [編集]−[オブジェクト]−[貼り付け]コマンド
      WindowsXP標準搭載のペイントにJPEG画像を読込み&「コピー」し、FX2に「張り付け」た図面を保存した場合、その図面を読込むと画像が表示されない現象を改修しました。
※WindowsXP標準搭載のペイントのコントロールに問題がありますので、JPEG画像を扱う場合はペイント以外のツールを利用されることをお勧めします。
    8. [長さ寸法線]コマンド(直列、連段、並列、累進)
     
第1要素として水平(垂直)線分を指定した場合でも平行寸法として処理されている状態を改修しました。
「第1要素の角度を維持」しない設定で、水平(垂直)線分を指定して「確定」した場合(角度を指定)、平行寸法としてドラッグ表示される現象を改修しました。
    9. [寸法]−[角度]−[単独]コマンド
      異縮尺レイヤ上にあるコーナーの反対側に寸法を作図する場合、寸法線が指定線に重なる場合があるのを改修しました。
    10. [寸法]−[引出し]−[部品属性]コマンド
      設定が一部保存されない問題を改修しました。
    11. [寸法]−[バルーン]−[移動]コマンド
      文字−記号で描画したバルーンが正常に移動しない問題を改修しました。
    12. [寸法線]−[編集]−[寸法値]コマンド
      寸法値を修正すると、寸法値しか認識表示にならない(接頭文字、接尾文字の]色が替わらない)現象を改修しました。
    13. [文字]−[定型]コマンド
      引出しを行った際、2行目以降の文字列の線幅が異なってしまう問題を改修しました。
    14. [部品]−[機械要素]コマンド
      一覧表示時、存在しないコマンドのアイコンが表示され、追加されたコマンドのアイコンが表示されない問題を改修しました。
    15. [設定]−[ユーザプロパティ設定]コマンド
     
作図: オフセットの設定が記憶されない現象を改修しました。
マウス: 特殊ポイントモード設定[サーチループ]の設定を「未定義」「要素」以外に変更した場合に正常動作しなくなる現象を改修しました。
    16. [ツール]−[属性置換]コマンド
      属性置換実行後、スタイル通りに描けなくなる問題を改修しました。
    17. [ツール]−[プロコマンド]−[属性切替]コマンド
      要素を指定して線種などを切り替えても、スタイル表示部が変更されなかった問題を改修しました。
    18. [ツール]−[プロコマンド]−[合計]コマンド
      寸法値を指定した場合、正常に四則演算されない問題を改修しました。
    19. [ツール]−[FX変換パラメータ設定]コマンド
      変換先FX2属性の数が多かった(プルダウンリスト表示量より多い)場合に、スクロールバーを表示するように改修しました
    20. [コンソールパネル]機能
     
表示位置: コンソールパネルをフローティング状態で、表示位置を固定せずに利用されている場合、データ入力が必須となるコマンドが作図画面上に表示されるように改修しました。
座標ページ1: 開いている場合に「TAB」キーを押すと、コンソールパネルが閉じるように改修しました。
座標ページ2: ステップ入力の前回値を利用できるように改修しました。
    21. [スタイル]機能
      文字、寸法線(実線限定の場合)のコマンド起動中、追加実線種の限定が正常に動作するように改修しました。
※4.1以前に、追加した実線を利用したスタイルを作成している場合、一旦削除後、再度スタイルの設定をお願いします。
    22. [図面読込み]機能
      図面内のフォントが異常なデータ(見た目ベクトルフォントとなっている)について、読み込み時に「ベクトルフォント」に変更するように改修しました。
    23. [要素認識(グルーピング)]機能
      部分認識時の、集合要素の子要素認識の不具合を改修しました。
    24. [FX変換]機能
      「_」「-」を含むレイヤ名の場合、「1」〜「16」以外の場合にレイヤ名の判定を改修しました。
    25. [CSクラシック]メニュー
      コマンドの並びがFXと一部異なるものを改修しました。
 
  FXUユーティリティ関連
    機能強化項目
    1. 出力ユーティリティ
      プロッタ表示名称を利用するように改修しました。