CADSUPER FXU Ver.3.13
   
FXU本体関連−機能改善項目
1. [寸法]-[引出し]-[部品属性]コマンドの改善
 
属性項目に登録されていない項目がある部品を引き出した場合、登録されていない部分の区切り文字を表示しない設定を追加しました。
Oリングに対して部品属性引出しを記入した際、不要な「×」を配置しないようにしました。
2. [寸法]-[記号]-[仕上げ]コマンドの改善
 
「線要素指定時に位置指定を行う」設定を追加しました。指定した線上で再度位置指定を行えます。
設定ダイアログ中、▽の高さについての注記をHELPに記載しました。
3. [寸法]-[公差]コマンドの改善
 
コマンド実行時に、寸法レイヤに自動切り替えする設定を追加しました。
公差登録のページに名前をつけられるようにいたしました。
4. [文字]-[連番]コマンドの改善
  16進モードを追加しました。
5. [部品]-[機械要素]コマンドの改善
  厚み表示モードを追加しました。チェックを外すと、外形のみの表示となります。対応した部品は以下の通りです。
 
配管
エルボ
レジューサ
T型
ねじ込式管継手
ねじ込み式鋳鉄製ベンド
ねじ込み式鋳鉄製T型
ねじ込み式鋳鉄製ソケット
6. [部品]-[機械要素](溶接記号)コマンドの改善
 
他コマンドと同様、配置時に角度指定及び自動補正の設定が有効になるようになりました。
文字の高さを設定できるようにいたしました。
7. [ツール]-[プロコマンド](径引き出し)コマンドの改善
 
前文字・後文字記入欄の先頭文字が '[' であっても、履歴に残るようにいたしました。(※次の3文字列につきましては入力しないで下さい。"[mae]"、"[ato]"、"[tango]")
配置時に前文字・寸法値・後文字を合計した結果、配置できる最大文字数を超えた場合、警告を表示するようになりました。
FXU本体関連−機能改修項目
1. [ファイル]-[開く]コマンドの改修
  前回のファイルダイアログ表示位置が表示可能範囲を超える場所にある場合に、表示ウインドウ内に移動して表示するように改修しました。
2. [ファイル]-[名前をつけて保存]コマンドの改修
 
FX2-連動部品を使用しているデータをFX形式に保存し、その図面をFXで上書き登録すると、図面が開かなくなる現象を改修しました。
SX形式に出力する場合に要素数が制限数を超えた場合、エラーを表示するように改修しました。※ただし、SX自身は3万要素で制限となりますが、Easy Draw Ver.9以前では同形式で6万要素まで利用できていましたので、現状の制限は6万要素となっています。
FXU上で各レイヤに設定した「表示」「非表示」状態をSX/JXに出力するように改修しました。※「書込」「参照」については、リファレンス(各レイヤグループに1つはアクティブ)状態で出力されます。
JXデータを読み込んだ場合に、グループ内第2レイヤ以降の色がすべて1番の色になる現象を改修しました。※JXデータ内にはレイヤ色を保持していませんので、FXU参照テンプレートで各レイヤの表示色を設定してください。
3. [作図]-[線]-[平行線]コマンドの改修
  平行線の長さ指定の場合、始点を選んだ状態でオペレーションバックをすると、仮想線が出たままでコマンドキャンセルがきかない障害を改修しました。
4. [編集]-[複写]-[平行]コマンドの改修
  文データム記号を含む図形を正常に図面間複写できるように、内部の不正情報を補正するように改修しました。
5. [編集]-[複写]-[対称]コマンドの改修
  寸法線を対称複写すると、寸法値の位置がずれる障害を改修しました。
6. [編集]-[複写]/[移動]-[拡縮]コマンドの改修
 
2段文字で記入したバルーンを拡縮複写(移動)すると、上段文字が下段の文字と重なってしまう障害を改修しました。
CSWで2次元化したデータをグループ化し、矩形切断した後、拡縮移動するとハングアップする障害を改修しました。
7. [編集]-[変形]コマンドの改修
  寸法線込みの図形を変形すると、寸法値の表示がずれる障害を改修しました。
8. [編集]-[分解]-[曲線→円弧]コマンドの改修
  特定条件の曲線を円弧に分解する場合に、極小円弧が発生するためエラーになっていた現象を改修しました。
9. [寸法]-[長さ]-[直列]コマンドの改修
  直列寸法線を作図すると、場合によって寸法数値が追い寸で入る障害を改修しました。
10. [文字]-[定型]コマンドの改修
  ベクトルで縦書きする場合に、一部の記号が「・」になってしまう問題を改修しました。
11. [文字]-[修正]-[個別]コマンドの改修
 
片矢寸法線の寸法値を変更した際、寸法形状が異常になる現象を改修しました。
文字修正時、「Runtime Error」が発生する事がある現象を回避するようにしました。
12. [文字]-[一括移動・複写]コマンドの改修
  寸法数値が移動できない問題を改修しました。
13. [設定]-[レイヤ設定]コマンドの改修
  不正なレイヤ色設定情報を補正するように改修しました。
14. [設定]-[ハッチングパターン]-[初期値に戻す]コマンドの改修
  ハッチング初期状態に正常に戻せるように改修しました。
15. [ツール]-[電子捺印]-[作成]コマンドの改修
  ダイアログが画面外にある場合でも、そのまま表示してしまう問題を改修しました。
16. [操作パネル]の改修
 
FXU本体を最小化し、元に戻した時に、フローティング状態の操作パネルの位置が上にずれる障害を改修しました。
図面を開け閉めした際に、フローティング状態の操作パネルの位置が2ドットずつ上にずれる障害を改修しました。※Windows2000、XPクラシックのみの現象
操作パネル(1):アクティブレイヤの無い状態からレイヤ状態切替実行時、アクティブレイヤが正常に設定されない現象を改修しました。
操作パネル(2):タブメニューを非表示にした際に、メニュー表示が消える障害を改修しました。
17. [要素表示]の改修
 
描画用メモリーのリークにより、作図中に突然ハングアップしてしまう現象を改修しました。
1/2サイズ文字で表示するCADSUPER特殊文字【[】【]】で囲まれ、【_】文字が記入された寸法値を正常に小さく表示するように改修しました。
線分に近い小円弧を表示した場合、倍率によって円弧が表示されなくなる現象を解消しました。
可変ピッチのフォントを使用した文字列に文字間隔を設定した場合のベクトル表示で、文字幅が間延びする障害を改修しました。
FXUユーティリティ関連−機能改善項目
1. .NETカスタマイズ機能の改善
  利用可能関数を追加しました。詳細は、.NETカスタマイズ機能のHELPを参照してください。
FXUユーティリティ関連−機能改修項目
1. 設定情報ユーティリティの改修
  FX環境取込時、ユーザ作成コマンドのアイコン表示を取り込むように改修しました。※FXU上でFXカスタムコマンドの動作を保障するものではありません。
2. 出力ユーティリティの改修
  可変ピッチの文字列で、基準点が左下以外の文字列をプロッターに出力した際の位置ズレを改修しました。