CADSUPER FXU Ver.3.10
   
FXU本体関連−機能強化項目
1. VBScript対応
  FXで利用可能なVB-ScriptをFXUでも利用できるように対応しました。FXのペンとFXUの線種、線幅、FXレイヤ等で使用できない関数、利用方法が変更になった関数があります。スクリプト用フォルダに「Readme.txt」を、それ以下の「Reference」フォルダに各関数のリファレンスをおいていますので、これらを確認してください。※スクリプト用フォルダは、[システムローカル設定]−[ファイル]から、ファイル種類を「スクリプト」を選択、共通スクリプトを選んだ状態で[フォルダを開く]ボタンを押 すとフォルダが開きます。このフォルダの1つ上位のフォルダがスクリプト用フォルダとなります。
FXU本体関連−機能改善項目
1. [作図]-[線]-[平行線]コマンドの改善
  コンソール入力で平行間隔の後に「→:右矢印」キーを押すことで、追い寸入力ができるようになりました。
2. [作図]-[矩形]コマンドの改善
  コンソール入力の長さXの数値入力エリアに「,」区切りで長さYも同時入力できるようになりました。
3. [編集]-[伸縮]コマンドの改善
  FX以前の伸縮動作(伸縮要素指定位置で端点を判定して、伸縮できる:コマンドモード1[要素1])を搭載しました。伸縮コマンドのコマンドモード1は「ワンショット(切替えたそのときのみ)」動作となっていますので、FXと同等に利用したい場合、ご利用の[ユーザプロパティ設定]-[編集]ページ【伸縮】-[選択位置]を【要素1】に変更してご利用ください。
4. [寸法]-[角度]-[連段]コマンドの設置
  FXにありました「連段角度寸法線」をFXUに移植しました。
5. [寸法]-[バルーン]-[配置]コマンドの改善
 
折れ線バルーンが配置できるようになりました。
エディットボックスの文字列を「,」で区切る事により、「2段にする」のチェックがなくても2段バルーンが配置できるようになりました。
6. [寸法]-[伸縮]コマンドの改善
  寸法補助線を伸縮する場合に、引き上げ長を反映した位置に伸縮するようにしました。
7. コンソールパネル入力の改善
  コンソールパネル表示中のEnter押下をコンソールパネル入力になるようにし、操作性を改善しました。
8. 図面読込み時の設定改善
  過去の図面で、「用紙サイズ」と「領域長」が一致しない場合があります。このような図面に対して、図面読込み時に領域長 から用紙サイズを決定するモードを追加しました。[ユーザプロパティ設定]−[全般2]ページの右下に、「図面読込み時、領域長で用紙サイズを決定」の設定項目を用意しましたので、必要な場合にご利用ください。
9. キー割付コマンドの追加
  スタイル順方向/逆方向切替コマンドを追加しました。標準でキーには割りついていませんので、必要な方は[設定]−[コマンド定義]より、キー割付の設定を行ってください。
10. [投影図]-[投影図]コマンド(3D図面展開オプション)の改善
  投影図配置で軸を出力する場合、モデルサイズに対しての軸の長さ比率を設定できるようにしました。変更する場合は、[ユーザプロパティ設定]−[投影]ページの右下にあります【軸】-[軸の長さ比率]の値を変更してください。
FXU本体関連−機能改修項目
1. [ファイル]-[システムローカル設定]コマンドの設定初期値変更
  Ver.3.0で機能追加された[システムローカル設定]-[全般]のコマンド制御-【 機能切替の一部をコンソールパネルで利用する 】機能にチェックが無い状態をデフォルトとしました。
2. [ファイル]-[開く]コマンドの改修
  ピッチの異なる多数のペンをもつFXデータが正常に読み込めない現象を改修しました。
3. [ファイル]-[名前をつけて保存]コマンドの改修
 
データムを作図した図面をFXや下位バージョンのFXU等に正常に出力できるように改修しました。
異常な寸法文字がある場合に、FX形式へ保存できない障害を改修しました。
旧CASDUPER形式(FX、JX、SX)に出力した場合、ファイルダイアログ上で設定した詳細情報が保存後のFXU上図面に登録されていない現象を改修しました。
4. [ファイル]-[プリンタ出力]-[全領域]コマンドの改修
  縮尺がある図面を図面の用紙サイズより小さなプリンタ用紙に出力すると余白が広くなる現象を改修しました。
5. [表示]-[抜き]-[作成]コマンドの改修
  Ver.3.0で[接頭記号]、[寸法値]、[公差]に分離された寸法文字を一度に抜き作成できない現象を改修しました。
6. [作図]-[点]-[距離・分割点]コマンドの改修
  コマンドモード「作図方法」を「距離」にした場合、個数に1が入力できなかった現象を改修しました。
7. [作図]-[線]-[平行線]コマンドの改善
 
始終点指定有りで距離入力した場合に、2回目以降ラバーバンドが表示されなかった現象を改修しました。
始終点指定有りで範囲を要素指定した場合、2回目に1回目と同じ要素を指定するとコマンドがキャンセルされる現象を改修しました。
8. [作図]-[塗潰し]コマンドの改修
  実行直後に塗潰しが表示されない現象を改修しました。
9. [編集]-[トリム]-[角丸め]コマンドの改修
 
角丸め作成後のキー入力は、「角丸め半径」に入るようにしました。
「ESC」キー入力で「角丸め半径」の入力に戻るようにしました。
10. [編集]-[トリム]-[面取り]コマンドの改修
 
面取り作成後のキー入力は、「面取り距離1」に入るようにしました。
「面取り距離1」を確定すると、「面取り距離2」に同値を表示するようにしました(未確定状態)。
「ESC」キー入力で「面取り距離1」の入力に戻るようにしました。
11. [編集]-[移動]/[複写]-[回転]コマンドの改修
  位置入力による座標指定を行った場合に、座標入力パネルが上にあるために入力パネル上の角度確認ができなかった現象を改修しました。
12. [編集]-[移動]/[複写]-[拡縮]コマンドの改修
  公差等が付いている累進寸法線を拡縮複写、拡縮移動を行うと寸法文字の表示位置がずれる現象を改修しました。※拡縮指定時に移動される位置については、補正されません。
13. [編集]-[移動]/[複写]-[レイヤ間]コマンドの改修
  縮尺の異なるレイヤに累進寸法線を複写、移動すると、寸法線と寸法文字が重なる現象を改修しました。
14. [編集]-[要素属性]-[要素変更]コマンドの改修
  「属性変更」ダイアログの「スタイル」を変更した際、対応する「色」にならない現象を改修しました。
15. [編集]-[変形]コマンドの改修
  距離入力時にコンソールパネルのステータスボタンを右クリックまたはShift+Enter入力した時に操作不能となる障害を改修しました。
16. [編集]-[削除]コマンドの改修
  複数図面を開いた場合、2枚目以降の図面で削除が遅延する現象を改修しました。
17. [編集]-[補正]-[自動]コマンドの改修
  [円弧分解]を行う設定で、例外エラーが発生する場合がある現象を改修しました。
18. [寸法]-[長さ]-[累進]コマンドの改修
19. 水平線を基準線とした場合に、矢印線が作図されない現象を改修しました。
19. [寸法]-[バルーン]-[移動]コマンドの改修
  「終点を移動しない」及び「角度補正」の双方にチェックを入れた場合に、角度補正が有効になっていなかった現象を改修しました。
20. [寸法]-[バルーン]-[整列]コマンドの改修
  バルーン整列を行おうとすると、画面がブラックアウトしていた現象を改修しました。
21. [寸法]-[伸縮]コマンドの改修
  寸法線の伸縮を行うと、寸法数値に付加したコメントが化ける現象を改修しました。
22. [寸法]-[移動]コマンドの改修
  文字下線の無い引出し線を[寸法]-[移動]コマンドで正常移動できるようにしました。
23. [寸法]-[寸法値]/[文字]-[修正]-[個別]コマンドの改修
 
累進寸法線の寸法値を変更すると、寸法線と寸法文字が重なる現象を改修しました。
溶接記号で記入した文字が修正できない現象を改修しました。
24. [寸法]-[公差]コマンドの改修
  Ver.3.02で寸法値以外の文字に公差を設置できなかった現象を改修しました。※寸法値以外の文字に、[標準]以外の形式で公差を設定した場合、別文字となります。文字の修正や移動等を行う場合は別文字として動作しますので、注意が必要です。
25. [文字]-[定型]コマンドの改修
  [*置換]機能実行時に、寸法値を指定した場合に異常な情報になっていた現象を改修しました。
26. [文字]-[修飾]コマンドの改修
  寸法値を選択した場合、公差も含めて修飾を行うようになりました。
27. [文字]-[移動]/[複写]コマンドの改修
  寸法文字(接頭文字、寸法値、接尾文字)が一括移動、複写しない現象を改修しました。
28. [文字]-[拡縮]-[個別]コマンドの改修
  寸法文字を拡縮すると、寸法文字のレイアウトが崩れる不具合を改修しました。※拡縮方法を[自由]としていても、プロポーショナル(文字幅自動設定の)文字は、「XY固定」として動作します。
29. [文字]-[拡縮]-[一括]コマンドの改修
  寸法文字の接頭文字、接尾文字(公差)を認識できない現象を改修しました。
30. [文字]-[整列]コマンドの改修
  [システムローカル設定]-[全般] [コマンド制御]の「機能の一部をコンソールパネルで利用する」の設定の有無にかかわらず、コマンドモード1に機能の切替が表示されるように改修しました。
31. [部品]-[機械要素]コマンドの改修
 
データの読み込みが正常に行われない事がある問題を修正しました。
設定の読み込みが正常に行われない問題を修正しました。
平面図描画時、外径が異常に描画されていた問題を修正いたしました。
機械要素配置中にF1キーを押すことで、正常にヘルプを開くように改修しました。
32. [設定]-[属性]コマンドの改修
  [色]ページで、使用されていない色が[使用中]になる現象を改修しました。
33. [設定]-[レイヤ状態設定]コマンドの改修
  寸法値のあるレイヤの縮尺を変更したときに、寸法文字が崩れないように改修しました。
34. [設定]-[ユーザプロパティ設定]コマンドの改修
 
[全般1]ページの「プロパティ設定値でコマンドを起動する」にチェックが無い状態をデフォルトとしました。
[全般1]ページの「プロパティ設定値でコマンドを起動する」にチェックがある場合、[削除]-[確認]の設定が他のグルーピングコマンドに影響することがあった 現象を改修しました。
[全般2]ページの「寸法コマンドで実線のみの限定利用」が設定された状態で寸法コマンドを起動した時に、実線以外の線種が選択できてしまう現象を改修しました。
[マウス]ページにある「特殊ポイントモード設定」-[グルーピング]の情報を[編集]-[移動]/[複写]-[レイヤ間]で反映するように改修しました。
[寸法・文字]ページの「作図形状」の「直径寸法線」の設定が機能しない現象を改修しました。
35. [ツール]-[プロコマンド]-[詳細図]コマンドの改修
  詳細図で切り取られたハッチングが、回転移動等の動作に追従しない現象を改修しました。※詳細図で切り取られたハッチングは、集合要素になる(連動ハッチングではなくなる)ことに注意が必要です。
36. [線種順方向]/[線種逆方向]コマンド(キー割付コマンド)の改修
  [線種]コンボが非表示の状態で、キー割付された線種切替機能を動作させても異常な線種にならないよう改修しました。
37. 図面オープン機能の改修
  フォントを多数設定している図面テンプレート、図面を1枚目に開く際に「A」が一瞬表示される現象を改修しました。
38. [ファイルダイアログ]-[一覧印刷]機能の改修
  Vistaでファイル一覧印刷ができなかった障害を改修しました。
39. 拡大表示(円弧の一部)の改修
  始角が負値の円弧の一部を拡大表示した場合に、表示が消える現象を改修しました。
40. 寸法値の表示の改修
  改行(_)がある寸法文字の表示位置が異常になる現象を改修しました。
41. 文字の認識範囲の改修
  文字幅自動のプロポーショナル文字の認識範囲が文字のサイズと合わなかった現象を改修しました。
42. コンソールパネルの改修
 
コンソールパネルの文字入力フィールドで、部分文字列を選択後、右ボタンを押すと文字列全体が選択状態になる現象を改修しました。
FXUのメインフレームをアイコン化し、元に戻した時に、フローティング状態のコンソールパネルが、元通りにならない障害を改修しました。
表示のたびにサイズが変わってしまう障害を改修しました。
連続でキー入力した場合に、入力文字が抜ける現象を改善しました。
オートハイド状態で利用している時に、TABキーなどで起動される座標入力パネルが開かない場合がある現象を改修しました。
43. 操作パネルの改修
 
操作パネルのサイズがだんだん大きくなっていく現象を改修しました。
オートハイド状態で利用中に、パネルが自動的に閉じない場合がある現象を改修しました。
部品挿入後、色表示モードを変更すると、スタイルパネルの表示が異常になる現象を改修しました。
44. FXU起動エラーのの改修
  設定情報ユーティリティで別マシンから移行した環境で、FXUを起動すると[ System Error - 010 - ]が発生して起動できない場合があった現象を改修しました。
FXUユーティリティ関連−機能改修項目
1. 出力ユーティリティの改修
  正常にプロッタ出力が出来ない問題を改修しました。
2. 設定情報ユーティリティの改修
 
バックアップデータをリストアすると、バックアップしたログインユーザのフォルダにデータがリストアされる現象を改修しました。
[FX環境取り込み]でユーザプロパティを取り込んだ場合、FXUで追加されたポイントが未利用状態となる現象を改修しました。
[FX環境取り込み]でコマンド割付状態を取り込んだ場合、ポップアップメニューのユーザ定義が表示されない現象を改修しました。
[FX環境取り込み]でFXの図面フォルダ、部品フォルダ名称に【フォルダパス】を記述していると、環境移行できない現象を改修しました。※『 ¥ 』などのファイル名として利用できない文字は、『 _ :アンダーバー』に変換されます。
3. FXUコンバータの改修
 
DWG/DXF変換設定でFXUVer.2時点の変換ができる設定を追加しました。
MC変換のパラメータ(FXU→MC)のデフォルトで「明るい青」が【0:黒】になっていたものを【10:青】に改修しました。