CADSUPER FXU Ver.2.03
   
FXU本体関連−機能改善項目
1. 上書き保存
  上書き保存時、最終確認をする/しないを設定できるようにしました。
2. 延長線コマンド
  指定線分の延長上に線分を作図する機能を設けました。
3. 領域外最適化
  領域外最適化を行う場合、領域外に一部はみだした集合でも、食み出していない要素のついては、削除されない設定を設けました。
4. 累進寸法線
  累進寸法作図機能の編集モード動作時、追加寸法をドラッグ表示して、利用しやすくしました。
5. レイヤ状態色
  ユーザプロパティ-色ページで、レイヤ状態色を変更できるようにしました。
6. スタイル
 
スタイルに背景色情報を持ち、利用ユーザプロパティの背景色によって、利用できるスタイルを制限する機能を設置しました。
線種のピッチが大きい場合に、スタイルパネル/コンボで表示するイメージをわかりやすくする機能を設けました。
7. パン、ズーム
  パン、ズーム機能をマウス中央ボタンのドラッグに切り替える設定を設けました。
8. ファイルダイアログ
  利用可能なフォルダリンクのみが表示されるように抑制する機能を設置しました。
9. ユーザ定義コマンド
  コマンド操作パネル上にユーザ定義コマンドを設置できるようにしました。
10. YN確認
  移動、複写形状の確認時に表示される「Y/N」表示時、パン、ズーム機能を利用できるようにしました。
FXU本体関連−機能改修項目
1. 再表示、原図、フィットの改修
  [任意線種詳細表示]をONにすると、原図、フィット、再表示が機能しない現象を修正しました。
2. レイヤ分割表示中の最大化時の表示コマンドの改修
  レイヤ分割中に最大化した場合の表示コマンドを現在表示のウインドウに対して行うようにしました。
3. 編集]-[移動]/[複写]−レイヤ間の改修
  ユーザプロパティ設定−表示」のレイヤ分割数を小さく変更した場合、移動、複写−レイヤ間で保護例外が発生する現象を修正しました。
4. [編集]-[複写]-[平行]コマンドの改修
  複写回数指定ありとし、移動量の入力エリアに3情報設定すると、異常数の複写がされる現象を修正しました。
5. [編集]-[変形]の改修
 
同一点への変形は、行わないように(移動点指定のままに)しました。
移動点指定時にオペレーションバックした時、認識が解除される現象を修正しました。
6. [寸法]-[幾何公差]の改修
  幾何公差に付随するデータム値の「突出公差域:P」「最大実態公差方式:M」に付属する○の位置を修正しました。
7. [寸法]-[公差]コマンドの改修
  公差を倍率指定で記入すると、公差が寸法値に重なって配置される現象を修正しました。
8. [文字]-[定型]コマンドの改修
  文字幅を0mm以外に設定して「半角モード」で記入すると、文字列の一部が重なる現象を修正しました。
9. 文字属性変更/要素属性変更の改修
  [文字]-[文字属性]の「変更方法」と[編集]-[要素属性]-[要素変更]の「変更方法」のモードが同じになる現象を修正しました。
10. [文字]-[展開]-[輪郭]コマンドの改修
  全角文字をCTRL+Vで連続して貼り付けると保護例外が発生する障害を修正しました。
11. [部品挿入]/[シンボル挿入]の改修
  一括変換したFX部品を挿入すると、部品情報が毎回聞かれる現象を修正しました。
12. [線端登録]コマンドの改修
  線端名称指定後、線端形状要素を指定してダイアログに戻ると、名称が初期化されてしまう現象を修正しました。
13. [プロコマンド]-[C面寸法]の改修
  設定を変更して作図した時、例外の発生する現象を修正しました。
14. ファイルダイアログの改修
  ダイアログ起動時、選択フォルダがツリー上に表示されない現象を解消しました。
15. SX/JXインポート/エクスポート設定の改修
  利用テンプレートを変更すると、変更可能なフォントが増える現象を修正しました。
16. JX読み込みの改修
  JX読み込みのテンプレートにVer2.01のJXFX2(B).cstを使用した場合、不明なレイヤが作成される現象を修正しました。
17. FXファイル読込みの改修
  FXペン名で接頭、接尾文字を除いたときに同じ名称になるが異なるピッチの線種が正常に変換されない現象を修正しました。
※削除後の名称が一致するが、ピッチが異なる線種の場合、削除前の名称を利用します。
18. コマンドモードバー移動の改修
  コマンドモードバーの移動の不具合を修正しました
19. 操作パネル1・2の改修
  操作パネル2をフローティング状態で使用後に再起動すると、操作パネル2のマイツール・タブコマンドリストが表示されできない現象を修正しました。
20. コンソールパネルの改修
 
コンソールパネルの状態変更(ドッキング、フローティング)時の文字列入力、ダイアログ表示状態を修正しました。
コメント入力欄では、日本語入力のON/OFFを保持するようにしました。
21. スタイルパネルの改修
  スタイルパネル/コンボ上にユーザ線端を表示するようにしました。
22. スタイル設定の改修
 
スタイル名登録、変更時、前後にあるスペースを取り除くようにしました。
JXスタイル利用時、システムスタイルの設定が更新できなかった現象を修正しました。
23. コマンド定義(ユーザ任意)の改修
  ユーザ任意コマンドをツールバーに配置した場合、標準提供のアイコンを利用しているとアイコンが入れ替わる現象を修正しました。
24. キー割付の改修
  不正なコマンドを割り付けれないように抑制しました。
25. マウス認識設定の改修
  Shift、Ctrlを押しながら認識した場合に確認窓の出る状態の時、認識座標の選択後の処理が確定でキャンセルされる現象を修正しました。